会社情報

TOP MESSAGE代表挨拶

誰も挑戦しなかったサービスを提供する

若濱 真之介氏 写真

我が国の売掛債権流動化市場は米国に大きく遅れ、その市場規模には10倍の差があります。我が国の全産業における売掛債権は210兆円(2019年)であり、その1割に及ぶ電力15兆円、ガス4兆円においては、売掛債権流動化はほぼ実施されていないのが現状であります。
 
一方で、2013年に閣議決定された電力システム改革において、2020年4月1日より、8.7兆円発行している電力債発行特例が廃止(激変緩和措置あり)され、2.8兆円におよぶ日本政策投資銀行による一般担保付貸付金(激変緩和措置なし)も廃止される為、これら電力会社にとっては、当該11.5兆円を調達する金融サービスの確保が喫緊の課題であると認識しております。
 
そこで当社は、新電力事業者を含めた電力・ガス会社が有する消費者向け売掛債権流動化サービスを提供することで、電力システム改革はもとより、我が国のエネルギー産業に貢献できるものと考えております。

代表取締役

若濱 真之介

代表経歴

東京電機大学工学部卒業。

2002年にアマゾンジャパンにてマーケットプレイス事業を立上げ、その後ハンズオンによる事業会社の再生・売却を手がける。CSKグループの事業投資会社にて農業、再生可能エネルギー投資開発に従事。2012年小売電気事業会社を共同設立し、2016年に売却。同年フラワーペイメント株式会社(旧フラワー電力株式会社)を共同設立。代表取締役に就任。

我が国の電力システム改革の第一段階である『一般社団法人 電力広域的運営推進機関』の発起人として当該設立準備組合検討会の議長を務めた。